キレイな肌を保つ為に…

キレイな肌を保つ為に…

透き通るような白い肌、卵のようなつるんとした肌、赤ちゃんのようにふっくらした肌…
女性であれば誰だって、いつまでもキレイな肌を保ちたいですよね。

最近では、コスメの品質もぐんとアップしてカバー力が非常に高いファンデーションなども増えてきました。
確かにコンシーラーやファンデーションを使ってキレイに見せることもいいでしょう。
でも隠すことばかりに気をとられてはいませんか?
キレイな肌を保つ為には、何よりも汚れを落としケアすることが一番大切なのです。
高いコスメばっかりに手をつけているにも関わらず、クレンジングや洗顔には手を抜きがちな女性が残念ながら多いそうです。
汚れが落ちきっていない肌に、更にファンデーションを重ねることは 汚れを塗り重ねているだけなのです。
キレイな肌を保つ為に、まずはしっかりとスキンケアの基礎を覚えましょう。

スキンケアの第一歩、まずは朝から肌に張り付いているメイクをしっかり落とすこと。
ファンデーションは肌をキレイにカバーしてくれますが、 長時間付けっぱなしだと、それは肌の呼吸を邪魔する汚れでしかありません。
可能ならば、帰宅したらすぐ落としてあげるようにしましょう。
今では手軽なシート状のメイク落としもあるようですが、 できればクリームやミルクタイプのものを選びましょう。
オイルも汚れがよく落ちて便利なのですが、 洗浄力が高いがゆえに、かえって肌が油分を分泌しようと頑張ってしまいます。
向いている人と向かない人がいると思いますので、 自分に合ったタイプのものを選んでください。

どのクレンジングを使うにしても、大切なことはひとつ。
それは、こすり過ぎないことです。
しっかり落とそうとして、肌をゴシゴシこすってしまうのは逆効果。
やさしいタッチで丁寧に、マッサージするように指を滑らせます。
指どおりがスルッと軽くなる瞬間、乳化が感じられたらしっかり汚れが落ちた証拠。
くれぐれも乳化しないまま、クレンジングを終えないようにして下さい。
使うクレンジングのタイプによっては、乳化に時間がかかるものもありますが、しっかりと乳化するまで落としきりましょう。

その後は、洗顔です。
たくさんの泡でやさしく包む込みように洗って下さい。
ここでも、肌をこすってはいけません。
洗顔のポイントは、しっかりとした泡を作ること。
これに関しては、苦手な人多いようですね。
どうしても上手くできない人は、市販の泡立てネットやスポンジを活用するといいでしょう。
簡単にもちもちふわふわの泡ができます。

ファンデーションのもちがいいのは、それだけ落ちにくいと言うことです。
塗った時の手間の分、しっかりと落としてあげて下さいね。